沈冬树

我当二十不得意,一心愁谢如枯兰。
***
同人文子博:如果树有心事

小竹正人桑谈一些关于作词的人生经验(日文,有生之年大概看不懂系列)

作词家・小竹正人が明かす表现技法「三代目の作词に関しては良い意味で公私混同」(前编)

小泉今日子、中山美穂、藤井フミヤ、中岛美嘉、久保田利伸、EXILEなど、メジャーアーティストを中心にヒット作を数多く手がける作词家・小竹正人(以下:小竹)。独特な歌词の世界観はアーティストのファンからも热い支持を受けており、近年では三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEやFlowerの歌词も多く执笔している。同インタビューの前编では、8年という月日を过ごしたアメリカでの生活や、日本语词に拘る理由、三代目・Flowerとの出会いなどを存分に语ってもらった。

取材・文:中村拓海



――アメリカへの在住経験もある小竹さんは、英语も得意だと思います。でも现在は主に日本语で歌词を执笔していますね。


小竹:アメリカには8年间くらい住んでいたのですが、日本人の友达がほとんどいなかったため、ホームステイ先で読む日本の小说だけが日本语に触れられる唯一の接点でした。大学では莫大な量のテキストがすべて英语で、英语に疲れると日本语に逃げるという感じで、読书依存症のようになっていました。英语のおかげで、かえって日本语の美しさを再発见できたというのはすごくありますね。


――なるほど。では作词をするきっかけとなった出来事は?


小竹:知人の绍介で日本语の歌词を英语に訳すという仕事を始めたことがきっかけです。だから最初は作词というより訳词や翻訳のアルバイトをやっているという感覚でした。そこから一绪にお仕事させていただいたディレクターに「日本语で书ける?」と闻かれたことから、中山美穂さんや小泉今日子さんを通じて徐々に作词のお仕事をさせて顶くようになりました。自分で作词をするようになった当初は、武器である英语を多用していましたね。ただ、自分が思っているより、リスナーが英语に対して兴味を示してくれなかったこともあり「英语で书いても歌词に込めた意味はあんまり伝わらないんだな」と痛感しました。それ以降は极力、「only you」や「I love you」みたいな、谁でもわかるような英语しか使わないようになりました。


――头の中で英语の歌词を思いつき、それを日本语でアウトプットすることはありますか。


小竹:昔はけっこうあったんですが、今はもう完全に日本语ですね。まだ英语がわからないときは、音楽を闻いて英语が耳に入ってくると、响きが良くて素敌なことを歌っているように闻こえたのが、歌词が闻き取れるようになってからは「これ、大したこと歌ってないな」と思うこともありました(笑)。一方で、たまにすごく深い词だなって思う曲もあり、そこでまた「日本语に翻訳するとどうなるのかな」と兴味が増すということもありました。帰国して20年経ち、英语力が落ちたこともあってか、最近は逆に「ああ、英语のこの言い方カッコいいな」と感じることもあったり。いま考えると、すべて英语ありきで日本语に兴味を持ったので、それが自分なりの言语感覚に繋がっているのかもしれません。いま仕事を依頼されるなかで求められるのはやはり日本语の美しさなので、そこは死守していきたいとつねに思います。


――先ほど、作词を始めた当初はアルバイトの感覚だったと言いましたが、それを本职にしていこうと思ったのはなぜでしょう。


小竹:ずっと运がよくて、つねに作词の仕事が途切れなかったというのが、まずは大きいと思います。いただいた仕事をするなかで、だんだん作词家してのノウハウを覚えていくことができました。ただ、「自分は生涯作词家です」と胸を张って言えるようになったのは、LDHに所属させてもらってからかもしれません。だから、本当の意味でのプロ意识が芽生えたのはすごく遅いです。



――作词家としての経験を积む中で、徐々にプロとして自覚を持つようになっていったということですね。では、作词家として影响を受けた人物はいますか。


小竹:昔、アメリカに行く前に日本で闻いていた松本隆さんや阿木燿子さんは、すごくお洒落で深い言い回しをすると当时から思っていました。また、アメリカにいる顷にも日本の歌谣曲や邦楽は日本の友人にいろいろCDを送ってもらって聴いていたので、その影响も大きいと思います。クリエイターとしての感性みたいなものは、长年の友人の小泉今日子さんに学んだ気がします。カルチャーから言叶、ファッション、文学、アートなど、一绪に游んでいるなかで、すごくいろんなことに影响を受けました。たとえば、小泉さんが「面白い」と言った小说、漫画、映画はどれもこれも本当に面白かった。クリエーターや映画监督について「おだちゃん、よく知ってるよね」なんて、周りに言ってもらったりするんですけど、それは全部、小泉さんの近くで见てきたから。自分一人だったら、绝対に知ることができなかった世界を知れたのは、小泉さんのおかげですね。

――特定の作词家に影响を受けたというより、小泉今日子さんとのコミュニケーションの中で多くの学びがあった、と。普段、作词をするアーティストとはどのくらいコミュニケーションをとるのでしょうか?


小竹:じつは、これが今日、いちばん言いたいことでもあるんです。LDHに所属している人たちって、みんなすごく仲が良いんですよ。仆は特にHIROさんとすごく近しいところにいさせてもらっているので、事务所に新しい所属の子が入るとなると、先に対面させてもらうことが多いんです。だから、仆より后に事务所入りしたアーティストに関しては、一人ずつの成长过程をずっと见ています。三代目J Soul Brothersのボーカルである今市隆二くんと登坂広臣くんや、Flowerのボーカル・鹫尾伶菜さんは、加入前の『VOCAL BATTLE AUDITION』から见てきました。とくに三代目はデビュー当时から歌词を书かせてもらっていて。三代目の作词をする时は、今市くん、登坂くんの颜と性格と声が仆の头の中に完璧に入っているので、ほかの人に书くよりスムーズです。「スノードーム」という曲は、登坂くんに「高校生くらいのときの、冬の思い出ってある?」と闻いて、登坂くんの実体験を膨らませて书いた曲ですし、『PLANET SEVEN』に収录されている「Wedding Bell~素晴らしきかな人生~」という曲は、もし今市くんが结婚するときがきたら…と胜手に想像しながら书いたところがあります。歌词を书いていると胜手に彼らが歌ってる声が闻こえてくるんです。彼らはもはや家族というか、三代目の作词に関しては良い意味で公私混同なのかもしれません(笑)。


――最近、Flowerの藤井萩花さんがインタビューで、小竹さんと歌词についてディスカッションをすることで、表现や歌い方が変わってくると话していました。彼女たちに関してはどのように接してきましたか。


小竹:Flowerというグループはコミュニケーションをとりながら育てていた部分があったので、その流れから作词ということになりました。三代目の二人にしてもFlowerにしても、初めてシングル曲を书かせてもらったときに、作词家がグッとくるような歌い方をしてくれていたことが强く印象に残っています。仆自身が持っている言叶や実力以上のものを、ボーカリストが引き出してくれていると感じたんです。今市くん、登坂くん、鹫尾さん、いずれも高いポテンシャルを持っているボーカリストだからこそ、彼らに负けないように作词しようという気持ちでやっています。「そんな歌い方をしてくれるなら、もっと歌い手に喜んでもらえるような词を书いてやる!」って。歌い回しや声をそばで聴いていると、その成长をありありと感じます。彼らに人気が出てきたり、名前が知られたりすることは无性に嬉しいだけじゃなく、同时に「仆ももっと良い词を书くように顽张る」という気持ちを起こさせてくれます。


――成长过程を见守っていると、书く歌词が本人达のキャラクターや人生とリンクすることも出てくるでしょうね。


小竹:そうですね。普段、今市くん、登坂くん、Flowerメンバーが喋っていることを闻いていると、なんとなく「こういう世界は好きで、これは嫌だろうな」っていうのがわかってくるんです。いちばん最初に词を书いた时には思わなかったのですが、「最后のサクラ」「花火」くらいから、急に今市くんと登坂くんの表现力がものすごく増しているなとゾクゾクしました。鹫尾さんは「白雪姫」のときにそれを思いました。词を书いて、完成して、CDがリリースされるという喜びとは别に、みんながすごい势いで成长していることにも嬉しさを感じていますね。すごくおこがましいですが、表现力のコーチのような目线で「すごいな」と思わされる日々です。


――作词家としての意识はLDHに入ってから芽生えたということですが、普段はどういう流れで作词をする楽曲が决まるのですか。


小竹:仆はいま、本当に恵まれた环境で作词をさせてもらっています。作词する曲をある程度、自由に选ばせてもらえるし、自分が知っている子にだけ作词できる。たとえば、デモを闻いて「これをFlowerに书きたいな」って伝えると、制作チームから「じゃあ、书いて」と言われるといった感じですね。基本的にすべて曲先で、この10年くらいで词先だったのはEXILEの「Bloom」という曲くらい。三代目の楽曲会议に仆が出席することはほとんど无いのですが、メンバーやHIROさん、スタッフが総じて仆の书く歌词に合う曲をわかっているので、选んで持ってきてくれます。だから、歌词をほめてもらうことがあっても、环境が恵まれているからだな、と、そこはすごく客観的に捉えています。その环境を作ってくれているのが间违いなくHIROさんなので、感谢してもしきれないですね。


――作词に携わった曲に関しては、レコーディング前に歌词打ち合わせをすることもあるそうですね。一般的な作词家とは违う関わり方だと思うのですが、现场ではどのようなことをするのでしょう。


小竹:今市くんや登坂くんにはここ最近は电话やメールで、「ここのこの言叶に感情を込めてほしい」「この言叶にはこういう意味が込められている」みたいな简単な言い方で伝えますけど、Flowerのレコーディングの前には、「太阳と向日葵」以降、绝対に鹫尾・市来(杏香)と向き合い「この物语はこういう解釈だから、ここはこういう感情で歌ってほしい」と说明し、一绪に歌ってもらってからレコーディングに临んでもらいます。そのときに歌词を少し変更したりもしますし、これをやるのとやらないのとでは、曲の出来上がりが意外に违うんです。Flowerに関しては、鹫尾さんもそうですが、相方を务める市来さんは、最新作『花时计』のレコーディングを通じてこちらが惊くくらい大きく成长していました。最初に录った曲と最后に录った曲では、表现力から歌唱力まで全然违っていたんです。それを见て「杏香は间违いなくもっともっと伸びるな。頼もしいな。」というのを直に感じたし、今后ものすごく期待しています。食事や仕事などを通じてしょっちゅう一绪にいて、アーティストの细かな変化や人间性までわかるというのはとても贵重な経験で、ほかの作词家が学べないことを学ばせてもらっていると思っています。



――歌词の解釈まで说明するんですね。パフォーマーとはどのように関わっていますか。


小竹:今回、仆は『花时计』のなかで、訳词も入れると、12曲书かせていただいていて、书いているときには「この词は(藤井)萩花、この词は(佐藤)晴美や(坂东)希、これは(中岛)美央や(重留)真波…」と当て书きができます。个人のキャラクターを知っているという前提があるから、曲の世界に入っていきやすいんですね。LDHに入ってから、作词の时间が异様に短くなったのもその影响かもしれません。1曲を2时间で书き上げることも珍しくありませんから。>「『作词と作文は违う』という考え方はつねにある」 小竹正人が语る作词へのこだわり(后编) 


小竹正人(おだけ・まさと)

作词家・小说家。
EXILE・三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE
小泉今日子・藤井フミヤ・中岛美嘉・久保田利伸など
メジャーアーティストを中心に多数に及ぶ。
また作词曲「花火」(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)がレコチョク「2012年最も泣けた曲ランキング」で1位を获得している。



「『作词と作文は违う』という考え方はつねにある」 小竹正人が语る作词へのこだわり(后编)

小泉今日子、中山美穂、藤井フミヤ、中岛美嘉、久保田利伸、EXILEなどを手挂ける作词家・小竹正人(以下、小竹)へのインタビュー。前编では三代目J Soul BrothersやFlowerとの出会い、日本语词に拘る理由などを语ってもらった。后编では、作词スタイルや小说家としての活跃、若手へのアドバイスについて、じっくりと话を讯いた。

取材・文:中村拓海




――小竹さんの书く词は“切なさ”の部分がファンから大きな共感を呼んでいます。こうした表现の源泉となっているものはなんですか。


小竹:それはきっと、いままでロクな恋爱をしてこなかったからというか、普通の人よりつらい思いをいっぱいしているのが理由な気がしますね(笑)。幸せの引き出しはそんなにないんですけど、悲しいとかせつないに関してはすごく多い。でも、根はものすごくふざけた人间なんですよ(笑)。それって、仆が颜出しをしていないことも共感しやすいポイントかもしれません。仆は、曲の世界は词と歌い手だけであってほしいと思っていて、歌っている人と作词している人が别の场合、闻いている人が作词家のイメージに引き込まれないように気を配った方が良いと考えています。仆のイメージがないからこそ、ファンは“三代目の世界”“Flowerの世界”として、その歌词により身近に入り込めるんだと思います。


――普段はどのようなスタイルで作词をしているのでしょうか。


小竹:とりあえず、集中して闻かずに曲をずっと流していて、「书かなきゃ」と思いながらも、ダラダラしたりボーっとしたり游びに行ったりして过ごします。でも必ず依頼には缔め切りがあるので、二日前くらいまで「书かなきゃヤバい」ってずっとダラダラしているのが、ふと「よし、じゃあ书く」ってスイッチが入り、パソコンに向かって最初から最后まで一気に书くというのがここ数年のルーティーンです。おそらく、ずっと曲を聴いているから「书かなきゃ」と思った时には、自分のなかで无意识に世界観ができているんですよね。なんとなく「サビでこの歌词を使おう」とか、なるべくほかの人が使わない独特な言叶や言い回し、ちょっと文学的な言叶をひとつ入れようと思っていて。それがひとつ浮かぶと、あとはもうバーッと书けるので。ダラダラしながらも少しずつ世界観を构筑していって、书く时は一気に外に出すということなんだと思います。


――歌词のコンセプトやイメージはどう决まるのですか。


小竹:三代目にしてもFlowerにしても、曲を手渡される时に、HIROさんが必ずキーワードを2、3个くれるんです。たとえば、三代目の「花火」は「花火・夏の声・切なさ」だったり、Flowerの「白雪姫」は「雪・冬・悲しい」みたいな感じで(笑)。HIROさんのキーワードはシンプルですけど、それがあるのとないのとでは全然违いますね。キーワードを先に闻いておくと、曲を闻く前にぼんやりと世界が构筑されるので。ただ、「热帯鱼の涙」のように、キーワードが、「热帯鱼や孔雀・アジアっぽさ」っていう、少し复雑なものもありました。难しいものが来たとしても、HIROさんとは本当にかかわり方が长く深いので、HIROさんの言叶のニュアンスを谁よりも明确に掴みとる自信はあります。あと、キーワードがないとグダグダに暗いのしか书かないというのもあるかもしれません。ちょっとした遗书みたいになることもあるので(笑)。そういう意味では「作词家・小竹正人」をHIROさんがプロデュースしてくれているといっても过言ではありません。现に、昔からずっと同じことをしているのに、最近、作词家として以前よりずっと评価していただいている気がするので。アルバム曲の场合やCMとかドラマの缚りがない时は、「これ、胜手に书かせてもらいます」って言って、好き胜手に书かせてもらうこともありますけれど。


――HIROさんのプロデュースによって、私小说的な手法から、なにかしらのキーワードを轴にアーティストの物语を描いていくという手法に変わったということですね。


小竹:过去に中山美穂さんや小泉今日子さんの作词をしたときも、彼女たちとはもともと友达だったので、仆は公私混同するほうがパワーになるのかもしれませんね(笑)。あと、LDHはアーティストが全くの素人の顷から见ることができるので、作词に関して、物语の厚みのようなものが生まれるし、アーティストに相応しい言い回しも出てきたりします。三代目だと、一般的には「仆と君」という表现になるものも、曲によっては「仆とあなた」のほうがボーカル2人にしっくり来るというとわかりやすいでしょうか。


――なるほど。彼らがどう努力してアーティストになっていくか、その过程を见ているからこそ、パーソナリティに寄り添った文体が生まれてくるんですね。文体といえば、小竹さんは作词のフィールドにとどまらず、『空に住む』と『三角のオーロラ』という、2册の小说も执笔しています。


小竹:昔から、活字中毒といって良いくらい本が好きなんです。小说の话をいただいた时は、自分が书けるとは思っていなかったんですけど、长い词を书くイメージで书き始めたら意外とあっさり书けました。CD付きで刊行したことについては、映画やテレビに主题歌が必ずあるように、小说にも主题歌があっていいなと思ったんです。さらに、主题歌を自分で作词するからには、小说で书ききれなかったものを歌词の中に入れようというアイデアが生まれて、読み手が最后にCDを聴いて「ああ、いいものを読んだ」と思ってもらえたらいいなと…。


――作词と小说、书くうえで大きく违うポイントはどこでしょうか。


小竹:拘束时间ですね。小说はすぐには书き终わらない。あと、小说の场合はすべてが自分の责任になるじゃないですか。作词ならアーティスト名が先に来るため、自分の名前があまり大きく取り上げられることは无いですが、小说は自分の名前が堂々と表纸に书かれているわけで、责任逃れができない。あと、小说は音楽がないぶん、言叶の制限も无いという利点もあります。


――先ほど歌词ではテーマの重要性について话していましたが、小说に関してはどうでしょう。轴としているものはありますか。


小竹:小说は、どうしても全部自分や自分の周りの人を轴に书いてしまいます。『空に住む』は、自分の世界観や生活における自分の周りの人をベースに书いたんですが、『三角のオーロラ』は事务所の所属の若い子を思い浮かべながら书いたので、LDHにいなければ作れなかった作品ですね。ただ、小说に関しては、スムースに书けるノウハウがまだまだわかってない。今はとりあえず、词をほめられるより、小说をほめられるほうが嬉しいですね。なぜなら、新人の気分になれるから(笑)。作词はもう20年やっているので、大体のノウハウはわかるところでもあります。どちらも难しいものですが……。


――次に小说を执笔するとしたら、どのようなテーマを考えていますか?


小竹:书きたいテーマはたくさんあって、80〜90年代にアメリカに一人で住む日本人の话も书きたいですし、ドロドロの物语も书きたいですし、LDHにいる「この子、ちょっと不思议だな」と思う子のことを胜手に想像して书いてもみたいですね。ただ、いまはすごく作词や他の仕事が多いので、なかなか长编小说に取り挂かれる状况ではないですが……。短编小说もたくさん书きたいです。Flowerもオリジナルアルバムであそこまで曲数(11曲)を书くとは思わなかったんですが、彼女たちに関しては“まだまだいろんな歌词を书きたい”と思っているので、喜んでやらせてもらいました。Flower とは世界観の相性がすごくいいんだと思います。


――小竹さんは作词家として长いキャリアを筑いていますが、プロとして仕事を続けるコツはなんでしょうか。


小竹:とりあえず、いつも大事だと思うのは「运」。努力よりも、运・人・タイミングですね。どんなに才能があっても、それがないと难しい気がします。たとえば、HIROさんと出会わなかったら、今の自分は绝対になかった。作词家としての确固たるプロ意识を持たないまま、いろんなことをしながら、何となくぼんやり生きていた気がします。たぶん、仆は运とか人とかタイミングに関しては何かを持っていて、巡り会う力はある。LDHに入ってから、本当に歌词をほめてもらえることが多いのですが、それは间违いなくHIROさんのおかげなので。HIROさんはあらゆる方面で本当にプロデュース能力に长けているんです。


――事务所の若い人に対していつもしているアドバイスはありますか。


小竹:とりあえず「会话术を学べ」ということですね。それから、「人との距离感を考えろ」、「いろんなアンテナを张り巡らせろ」。この3つが、运を引き寄せるには不可欠だと思います。あと、やっぱりコミュニケーション能力は基本ですよね。よく「言叶なんかいらない」とか言う人もいるし、仆自身、そんな词を书いたりもしているのですが、とりあえず言叶は大事。それは书くことを仕事にしていなくても。それと、仆は勉强が嫌いなタイプではなくて、かなり勉强をしてきた方だとは思うんですが、时を遡って昔の仆に会えるなら「お愿いだから、もっといろんな勉强してくれ」と言いたいです。子供に限って「学校の勉强は社会に出たら役に立たない」なんて言うと思うんですが、そんなことはありません。言叶や知识の引き出しとして、学んだことは必ず活きてきますから。



――たしかにコミュニケーション力ひとつ取っても、その背景には読解力や知识が必要となりますからね。小竹さんの作词も、日本语への深い理解があったこそだと思います。


小竹:そうだったら嬉しいです。ただ「作词と作文は违う」という考え方はつねにあります。绝対に、作文じゃない作词をしたいと思いますし、そういうニュアンスって见抜く人は绝対に见抜く。だからこそ自分は“作词家”だというプライドを持って言叶を缀ることは大切で、そこからプロ意识が芽生えるということもあると思います。


END.

评论